高校1年 宮腰 櫂

 法政二高に入学しましたが、コロナウイルスのため学校にしばらく行くことができず、はじめは新しい学校生活が不安でした。私は中学まで、別の競技をしていましたが、高校ではサッカー部に入ることにしました。部活動が始まるまでは周りが皆経験者であることが不安でしたが、実際に入ってみるとみんな優しいので、楽しく活動ができています。また、サッカー部はほぼ毎日活動があり忙しいですが、電車の行き帰りの時間や授業が終わってから練習までの時間をうまく活用して、勉強との両立をしています。同じ部活の仲間とは、勉強会をすることもあります。
 コロナウィルスのため、学校生活には制限が多く学校の行事の多くが中止になりました。秋の二高祭も中止になりましたが、その代わりに体育祭が行われることになりました。体育祭では応援のためのダンス練習やそのための物づくりなどの活動がありました。朝、授業前にみんなでダンスを覚え、昼休みにはクラスのメンバーと大縄跳びを練習しました。そして放課後は応援グッズを作りました。いろいろなことの準備をするのが大変でしたが、初の行事となった体育祭にみんな一丸となって取り組みました。
 法政二中高の良いところは、勉強においても部活動においても環境や設備がよいことです。また先生と生徒の仲がよいところも特徴だと思います。生徒たちは、授業と休み時間のメリハリがしっかりとしており、授業への集中度も高いと思います。学校生活は基本的に自由で楽しいと思っています。またいろいろな地域から生徒が集まってくるので、自分の知らない体験をしている友人も多く、話をしていると世界が広がる感じがあります。
 今後の学校生活では、すべてにおいて全力で取り組みたいと思っています。学校という環境が好きで、昔から学校を休みたいと思ったことはありません。勉強も委員会も部活動も手を抜かずに努力を続けていきたいです。これからの3年間、誰より楽しい思い出をたくさんつくれるように充実した毎日を送っていきたいです。