菊地 祥 中学1年/ハンドボール部

法政二中に入学してからの一番の思い出は、体育祭で学年優勝できたことです。体育祭は6月に行われるのですが、この行事を通してクラスの仲間との関係が深まったと思います。競技を頑張るのはもちろんですが、クラスの人たちと協力しないと体育祭は成功しません。協力するためにはコミュニケーションが必要です。私はクラスの人たちと積極的にコミュニケーションをとりました。するとそれまで気付かなかったクラスの人たちそれぞれの色々な側面がみえてきました。それは私にとってとても新鮮でした。クラスの中には色々な人がいて、そういう人たちと協力してひとつのことを作りあげることは大変です。けれども一致団結して体育祭を成功させ、学年優勝までできたこと、これは本当に感動しました。 法政二中の良いところは、生徒一人一人の自主性が尊重されているところです。行事をつくることもそうなのですが、部活では自分の好きなことに打ち込めます。付属校の特徴を生かして、のびのびと活発に部活動ができることも二中の良いところです。私はハンドボールに所属していますが、大会優勝を目指して日々頑張っています。好きなことが同じ部活の仲間とはクラスと違う信頼感が生まれます。お互いに切磋琢磨しながら高めあうことができます。私ももっと上達できるように日々精進したいと思います。 授業は、中学生になると科目ごとの先生になります。内容が難しくなりますが、数学とか英語はクラスを半分に分けて少人数での授業になるので、質問もしやすいし、理解が深まります。週1回、英語の定着テストというものが行われていて、自分の理解がどれくらい進んでいるのかを確認できます。点数が低かったときには補習も行われます。 毎日の学校生活が充実しています。将来はまだ漠然として何をしたいか見つけられていませんが、苦手なことも含めて色々なことの挑戦して頑張っていきたいと思っています。

Photo taken by Yamaguchi, Photography Club