NEWS
MY CLUB STORY【バックナンバー 2019.9/1~2021.1/14】
2021.01.16


茂川 恭代(2019年度卒業)  女子バレーボール部

高校女子バレーボール部は、顧問、OGコーチ、外部トレーナーの指導のもと、週5~6日活動しています。春夏冬には校内合宿、夏にはさらに校外合宿があり、競技力だけでなくチームワークを高めることができます。私たちの活動のコンセプトは「楽しむ」こと。辛いことや悩むことはありますが、全力でバレーボールをすることはとても楽しいです。初心者の部員でも的確な指導と練習の成果で、レギュラーとして活躍している選手もいます。今年度は予選を勝ち抜き県大会、私学関東大会に出場することが出来ました。私は、法政二高のバレーボール部だからこんなに充実した3年間になったと思います。設備の整った、バレーに熱中できる環境に感謝しています。バレーボールを全力で楽しみたい人は、私たちと一緒に充実した時間を過ごしてみませんか?

Photo taken by Takeshita, Photography Club

 


滝沢 叡(2019年度卒業)  アメリカンフットボール部

アメリカンフットボール部は、自由と進歩のフットボールをモットーに、「勝つ」ことを何よりも優先するのではなく、個人の成長と自立を、誰にも邪魔されないような環境づくりを大切にしています。コーチや選手との関係をよりフラットにしていくことで、挑戦する機会を増やし、個人の成長が、チームの成長となり、初めて「勝利」へとつながると考えています。また、様々な場面で法政大学と連携し、効果的なトレーニングや栄養講習、安全なフットボールをするための指導、平日も練習を見て下さる学生コーチなど他の高校にはない環境で練習しています。この方針も3年目にして、県大会優勝、関東大会準優勝と実績を残し始めました。これからも、自分たちの自由と進歩のフットボールを信じて、日々成長していきたいです。

Photo taken by Wada, Photography Club

 


久保田 くるみ(2019年度卒業)  化学部

化学部は部員数が少なく、活動内容において自主性を求められる部活です。特に、私が入部した時は先輩がいなかったため、その傾向が強かったように思います。しかし、日々の活動で「何の実験をするのか」「この実験操作を変えてみたらどうなるのだろうか」など考えていくのは化学の授業とは違った楽しさがあり、とても充実した活動を送っています。高校2年の夏からは「果物の香りの再現」というテーマで高校生対象の研究プログラムに参加し、法政大学小金井キャンパスの大学の先生にご協力いただいて1年間の研究を行っています。外部の方には活動内容の分かりにくい化学部ですが、教科書だけの世界ではない化学に出会える素晴らしい部活だと思います。

Photo taken by Abou, Photography Club

 

竹内 悠馬(高校3年)  社会科学歴史研究部

社歴研は、自分の興味のある分野を研究テーマにできる、とても自由度の高い部活です。社歴研の研究活動では、フィールドワークや文献調査をはじめとした活動で、多くの一次史料や先行研究に触れることができます。昨年度は、明治大学生田キャンパスにかつて存在した陸軍登戸研究所についての調査・発表を行いました。今年度は、多摩川流域の中世城郭について研究しています。自分のやりたいことができるこの部活に入れて、とても良かったと思っています。

Photo taken by Ishii, Photography Club

 


知見寺 優希(高校3年)  鉄道研究部

鉄道研究部は、鉄道のことに関して、楽しく、自由きままに研究活動しています。この部活の最大の魅力ともいえるのは、毎年春・夏に行われる合宿です。春は自分たちで行きたい場所を選び、夏は北海道・四国・九州の三つの中から一つ選んででかけます。また、合宿以外の活動では写真や模型のコンテストに参加したりしています。私は小さい頃から鉄道が好きだったのと3年間で日本を一周できるという言葉にひかれて、この部活に入りました。車庫の見学などこの部活に入らないと経験できないこともあり、先輩や後輩、そしてOBの方々と仲良く交流できて自分の個性を活かせる素晴らしい部活であると思います。

Photo taken by Kusakari, Photography Club

 


今野 綾咲(中学3年)  中学剣道部

中学剣道部では月、火、金、土の週4日、剣道場で活動しています。練習では基本技を重視し、先輩にアドバイスをもらいながら日々稽古に励んでいます。現在は、部として地区大会上位入賞を目標として練習しています。私を含め、ほとんどの部員が初心者ですが、基礎から丁寧に教えてもらえるので上達できます。今年後輩ができて、私も教えることの難しさがよく分かりました。いつも練習中にアドバイスしてくれる先輩は、すごいと思いました。私ももっと練習して後輩の手本となれるようになりたいです。来年には最高学年となるので、部を引っ張っていけるようになれたらと思います。

Photo taken by Uchida, Photography Club

 


鈴木 大翔(高校1年)  中学ハンドボール部

中学ハンドボール部は「法政二中で一番応援されるチーム」になることを目標に活動しています。その目標を達成するために挨拶、返事はもちろん、「ありがとう」や「ごめんなさい」を素直に言う、ルールを守るなどといった人間性を磨くことを大切にしています。そして何より試合に勝つことが私たちの最大の目標です。勝つためにはもちろんプレー面での技術向上も必要ですが、チーム作りをとても大切にしています。ただハンドボールをやっている集団ではなく「最高のハンドボールチーム」になるために、ミーティングを行います。また、どんな小さな事でもそれが当たり前だと考えるのではなくそのすべてに感謝することを心がけて練習や試合をしていけるようにしています。

Photo taken by Saotome, Photography Club

 


石井 志菜(中学3年)  茶華道部

私はこの部活で1年間先輩と一緒に過ごしてきました。茶華道部は、茶道が月2回、華道が月2回の活動です。その中で、文化祭などの行事に向けて練習しています。嬉しかったことは、まず、1年生の時の学生いけばな競技会で、自分の中で一番良い作品ができたことです。賞は取れませんでしたが、良い思い出となり、また、文化祭などでも、多くのお客さんに来て頂き、少ない人数でも楽しんで頂けるようにしたなど、とても良い文化祭になったことを覚えています。また、この部活は人数が少ないですが先輩と後輩の壁がなく、気軽に話すことのできる、仲の良い部活だと私は思います。

 

Photo taken by Watanabe, Photography Club

 

 

 

 

  • カテゴリー

  • 入試情報
  • 在校生の方へ
  • TOPICS
  • イベントレポート
  • 部活動ニュース
  • アーカイブ