卒業生紹介

一色 洋平さん
(いっしき ようへい)
  • 2009年度 二高卒業
  • 進学先:キャリアデザイン学部キャリアデザイン学科
  • 勤務先:グランドスラム所属/俳優

「二高祭」が無かったら、私はこの仕事を選んでいなかったと思います。私の在学していた折、法政二高は熱気溢るる男子校でした。朝から夕方までずっと「野郎の騒がしさ」。ところが、二高祭の準備期だけはそれが鳥肌が立つ程に違ったのです。放課後、皆がクラスの出し物(私は三年間とも劇をやりました)の準備をし始める。劇の背景を描く者、小道具を作る者、BGMを選ぶ者、一生懸命台本を読む者…昼間あんっなにも騒がしかった教室で、誰一人喋らない瞬間すらあったりして。黙々と、けれども総力戦で行われている「物作り」。西日が差し込むあの教室の光景は、私が今の仕事を選ぶきっかけとなった原風景そのもので、必ず今でも、どの作品に携わる折でも意識的に思い出すようにしています。
二高祭で感動した出来事をもうひとつ。少し内気な子がいました。彼は自分に自信が無かったようで、劇を作ることに中々参加出来ずにいました。すると威勢の良いアメフト部の子が「俺お前の絵好きなんだよ!一緒に背景描かねえ!?」と。涙が出る程嬉しい光景でした。同時に、それが自分には出来なかった事の悔しさも…アメ部の彼のお陰で、私は本当の意味での「全員での物作り」を知る事が出来たのです。二高には「こいつみたいになりたい…」と心から尊敬と嫉妬を覚える仲間が沢山いました。きっと皆さんの今いらっしゃる二高もそうなのでしょう。お羨ましいです。この学校を選んだ事が、一生ものの財産となりますように。