卒業生紹介

洞内 広樹(ほらない ひろき)さん

  • 2000年度 二中卒業
  • 2003年度 二高卒業
  • 進学先:法政大学国際文化学部国際文化学科
  • 勤務先:株式会社電通クリエーティブX(クロス)所属ディレクター・映画監督
  • 主な作品

    『東京彗星』(2018年)

    ※ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2018 Cinematic Tokyo部門で受賞

    『GHOSTING』(2019年)


広告プロダクションに所属する映像ディレクター/映画監督です。会社員としてCMやWEBムービーなどを監督する一方、いち映画監督としても短編映画を仕事として脚本・監督したりしています。

映画研究部があることを理由に1998年に法政二中高へ入学、中2の文化祭から仲間と映画をつくりはじめました。二高では念願の映画研究部に所属し、映画を制作して二高祭で公開したり、卒業式のオープニングムービーを制作したりしました。文化祭や二高祭では、僕らの映画を観ることを目的に来る人はひとりもいません。そんな状況でいかに人々の心を振り返らせ、掴み、楽しませる映像体験をつくるか、という視点は、二中高での活動で培われ、プロになってからも常に持ち続けています。一緒に目標に向かえる仲間や、力や知恵をくれる先生方に支えられ、熱い6年間でした。

つくりたい映像がある。楽しませたい人がいる。仲間がいる。人生の先輩がいる。背中を見せなきゃいけない後輩がいる。いまの仕事も、結局ずっと二高祭前日を繰り返しているような気分です。仕事でも、夢でも、絶対に成し遂げたいなにかに立ち向かうとき、僕は二中高で生まれた魂の炎を見つめ直し、薪をくべ続けています。