高校陸上競技部 2019年度沖縄インターハイ報告

2019.08.14 陸上競技部


2019年8月4日~8日の日程で、沖縄県沖縄市のタピックひやごんスタジアムにて、
全国高校総合体育大会(インターハイ)陸上競技が行われ、法政二高陸上競技部からは、
男女800m・男女4×100mリレー・女子4×400mリレー・男子走高跳びで出場しました
(選手の詳細は、前回の南関東大会の記事をご覧ください)。

残念ながら、入賞のご報告は今回はできませんでしたが、女子4×400mリレーでは準決勝に進むなど、
台風が近づき、時折スコールが降ったり、焼けつくような沖縄の日差しや、
強い向かい風が吹いたりする環境の中、どの選手も今出せるベストを尽くすことが出来たと思います。

特に、昨年度の伊勢インターハイでは、
共学化3年目にして初の女子選手の出場(円盤投げ・砲丸投げ)がありましたが、
今年の沖縄インターハイでは、女子トラック種目での初の予選突破でもありました。
これから、男子だけでなく女子選手の可能性も強く感じさせられる大会という意味で大きな収穫があったと思います。

これまで頑張ってきた3年生の選手の多くはこの沖縄インターハイで引退となりますが、
今回出場した選手の多くが1・2年生であることからも、
来年のインターハイへと繋がっていく良い経験が出来たことと思います。

応援してくださった皆様に感謝申し上げます。ありがとうございました。